<   2009年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧

2009年8月31日(月) 曇りのち雨・18℃

寒い!10月の気温ですって!
寒くて明け方に目が覚めた。
半袖だと鳥肌が立つからトレーナーを着て、コーヒーが切れていたから外に缶コーヒーを買いに出た。
「この気温で、ほんとうに8月だと思う?」と、自販機に貼られたポスターの福山(雅治)くんに聞いてみたけど、a0081867_2255975.jpg福山くんは表情も変えず返事もしてくれない(笑)
今年は夏がなかったなぁ。

夕方家に帰ると、リュウが膝を抱えているから小さい電気ストーブを出した。
2人とも寒がりだからね。
暗くなると雨が降り出し、隣の家のトタン屋根を叩き始めた。
9月になったら、少し暖かくなってほしいなぁ。
そんなことを思いながら、家族の布団に肌掛け布団をたして回ったのだった。
[PR]
by tabetene2 | 2009-08-31 22:23 | 日記

2009年8月30日(日) 晴れ・21℃

a0081867_225367.jpg●「森の中で」、搬入してきました
今回は参加をどうしようか迷いに迷い、夕方9/4~6に材木町の村井館で開かれる「第2回もりおか童画展」に搬入してきた。
今回は1人1点ということで左の1枚を。
やっぱりグループ展だと自分の考えるものと違うものになってしまうから、そこのところを自分で解決できないもやもや感があって。
いつまでもぐじぐじしている自分は男らしくないぞ(女だけど^^)、出すならすっきりした気持ちで出す、と帰り道自分を叱って帰った。
何がしたいのかちゃんと整理し、これからはその目標に向かって自分のペースでまっすぐ作るのだ。うん。

20歳になり、初めての選挙を迎えたナオ。
まだ微熱があったけれど、「やっぱり選挙に行きたい」とマスクをして出かけて行った。
30メートル後からついて行ったら、入り口で消毒液を手に噴射してから投票所に入って行った。
a0081867_22491337.jpg意外とナオって真面目なんだと思った(笑)
大きな風が吹いているみたいみたいだけれど、未来に夢を持てる世の中になってほしい。

リュウは一晩考えて、新しい志望校を幼馴染の女の子と同じところにすると言ってきた。
母よりも早い息子の立ち直りに、心強さを感じた。
いいぞいいぞ、男の子はそうでなくちゃ。

a0081867_220792.jpg●夕暮れに浮かぶ我が家の灯り
リュウは一人で留守番をしていると、暗くなってもカーテンを閉じないんだなぁ^^
[PR]
by tabetene2 | 2009-08-30 22:53 | 日記

2009年8月29日(土) 晴れ・27℃

a0081867_22195354.jpg●今日の晩ご飯
ゴーヤチャンプルー、ニラと春雨のスープ、杏仁豆腐、ミニトマト

4日ぶりの更新です。
この間に何があったかというと、ナオが38℃以上の熱を出し、実習先からタクシーで早退させられ病院へ。
ナオの大学でも新型インフルエンザ罹患者が出ていたので、罹っていたら大変だということで即検査。
その日は陰性だったけれど、翌朝も熱があったので大学の指示で再び検査することに。
2回目も陰性で、季節性の風邪ということで落ち着き、ひとまず安心というバタバタが。
普通の風邪と分かるまでは家族も家の中でマスクをし、このまま実習に出られなかったら来年やり直しになって4年で卒業できない?なんてハラハラしていた(笑)

リュウはリュウで、受験希望の聴覚支援学校に先生が日程調整の電話をしたら(障がいのある子は入学希望の学校に、あらかじめ親子+先生で面接に行かなければ受験できない仕組み)、受験資格はあるけれどリュウは軽い方なので他の学校を受験した方が・・・という返事が返ってきた。
近くならここしかないと思っていたから、また振り出しに戻り考え直さなければならなくなった。
「病弱の学校で選ぶという手もあるし、市外になるけど○○学校もあるし」と先生は言うけれど、病弱の学校は月一程度の通院で大丈夫だから断られそうだし、市外の片道1時間半もかかる学校に、リュウが通う体力があるとも思えない。
入れるならどこでも、という訳にはいかない。
つい、先生への電話の声が大きくなってしまうと、リュウが感づいて居間の戸を少し開けて聴いている姿が見えた。
電話を切り、椅子に座り直してリュウに話すと、「じゃぁ、一高なんてどお?」と、リュウは一番偏差値の高い高校の名前を出した。
頭に血が上っている私に、「お前はアホか~」と言わせて落ち着かせようとしてることが分かり、子どもに気遣いさせる親じゃ駄目だなぁと反省した。
しっかりしなくちゃ。
期待通り「お前はアホか~」と私が言うと、リュウは「やった」という顔をしてにんまりした。

リュウの一番行きたい学校が、リュウにとっての一高だ。
・・・ね。

a0081867_1816433.jpg●今日の空 
お風呂上りが、もう涼しく感じるようになりましたねぇ。
[PR]
by tabetene2 | 2009-08-29 23:33 | 晩ご飯

2009年8月25日(火) 晴れ・24℃

a0081867_2258354.jpg●空があんまり秋だから
仕事帰りにスーパーに寄り、外に出たら空がきれいな青だった。
明るいけれど涼しくて、空がどんどん高くなる。
秋だな~ぁ。
空を見上げながらゆっくり歩いて家に帰り、
「ただいまー」と玄関を開けたらリュウがいた。
「おかえり?」と言うリュウの顔を見てハッとした。
空に見とれて、
自転車をスーパーに置いてきたのだった(涙)
a0081867_235451.jpg
ナオは毎日9時過ぎ帰りで、
それから「腹減った~」と一人で晩ご飯を食べている。
子ども達と早く仲良くなれるよう、休み時間は鬼ごっこらしい。
リュウと二人のご飯は作る張り合いがない。
「何食べたい?」と聞くと、
「バゴーン(カップ麺)でいい」と言うんだもの(笑)
[PR]
by tabetene2 | 2009-08-25 23:10 | 日記

2009年8月24日(月) 晴れ・24℃

a0081867_22233624.jpg●今日の晩ご飯
雑穀ご飯、高野豆腐と鶏肉の煮物、鰻の蒲焼き、千切りサラダ、枝豆

晴れているのに半袖が涼しい。
モリオカは、もう初秋といってもいいのかもしれない。
日の落ちるのが早くなると、北国はさみしい。
家にいる時間が長くなるから、あついお茶をすすりながら、編み物でも始めようかなという気分になってくる。
今日家に帰ると、昨日の夕焼けに続き、「ここにも出てたよ」とリュウが教えてくれた。
時間に追われながら描いたものはやっぱり駄目だなぁと、今日はウーロン茶で一人反省会です(笑)
[PR]
by tabetene2 | 2009-08-24 22:33 | 晩ご飯

2009年8月23日(日) 晴れ・29℃

a0081867_21532939.jpg●今日の晩ご飯
ざる蕎麦、冬瓜と豚肉のスープ、茸の梅煮、チーズ

先週の疲れが出て、今日は何度もちょっと横になった。
何となく気分が晴れなくて、昼ご飯は気晴らしに自分一人でこっそりラーメンを食べに行った。
街に出る用事があったしね。
おいしいラーメン屋さん情報は職場で耳にはするけれど、いつもと同じところの方が落ち着くから行く店は決まっている。
20年以上通うこの店は、おばあちゃんがやっていてお客が少ない(笑)
近所の馴染みの人しか行かないから、のんびりと家庭的な空気で、
400円の何か一味足りないラーメンを、毎度足りないものは何か考えながら食べる。
その変わらなさに、食べてほっとするのだ。

a0081867_22303972.jpg夕方スーパーに行ったら、偶然昔いいなぁと思っていた人の姿を見た。
晩ご飯用に、今日は奥様が不在なのか一人分のお惣菜を買っていた。
声はかけられなかったけれど、若い時の純粋な気持ちに一瞬戻れてうれしくなった(笑)

家に帰りパソコンを開けると、ナオの部屋から撮った昨日の夕焼けの写真が、『ほぼ日』の夕焼けマップに載っていた。
ブログの写真より実際に近い色合いに写した写真です。
もしよろしかったら、盛岡の夕焼けをどーぞ♪(No.611の夕焼けです)
[PR]
by tabetene2 | 2009-08-23 22:40 | 晩ご飯

2009年8月22日(土) 曇り・23℃涼しいです!

a0081867_14381432.jpg●今日の夕焼けはすごかったです、雲がー!
夕べ、11時過ぎにナオが東京から帰ってきた。
宇都宮あたりで11時過ぎに帰ると電話があったから、TSUTAYAで借りたDVD(グロムバーグ家の人々 )を観ながら待っていた。
「お疲れお疲れ、どうだった?」と、荷物を下ろしたばかりのナオに聞くと、
「最悪~(涙)」という返事。
用事を済ませ、帰ろうと思い新宿駅に行ったらホームレス風の人に、
「兄ちゃん、電車賃貸してくれねーか」と絡まれたそうだ。
「そういうことできませんから」と断ると、
「俺は山口に知ってるもんがいるんだけどなぁ」と声が大きくなり、
a0081867_23154030.jpgナオは天然だから、このおじさん山口県出身なのかなぁなんて思っていたそうで、その山口が県名じゃなくて怖いお兄さん方のことだと気付いた時には逃げられない状況になって。
青ざめすくんでいたら駅員さんが来てくれて助かったそうだ。
「すぐ気付いて逃げなさいよ」と、済んだ後だから私は笑ったけれど、
「東京はおっかねー(怖い)。俺、今日行って、東京には住めないと思った」と、ナオはよほど堪えたみたいだ。
「帰りの新幹線で晩ご飯に米沢牛の牛丼を食べたら、ほっとして涙が出そうになった。東京の大学に行って、一人暮らししている友達がえらいと思ったよ」としみじみ言う。
そうだね、お母さんも東京には寂しくて住めない。
東京で頑張っている人たちは、お母さんもみんなえらいと思うよ。
[PR]
by tabetene2 | 2009-08-22 23:21 | 日記

2009年8月20日(木) 晴れ・27℃

a0081867_2244393.jpg●ロッカーを開けると、もう秋?
明け方、タオルケット1枚では肌寒く感じる日もあるこの頃。
更衣室の蒸し蒸し感もやわらぎ、今朝なんかロッカーを開けたらほんのり松茸のような香りがした。
おぉ、こんなところにも秋の気配が・・・と思っていたら、
「DANさん、鼻がもう麻痺してるよー。菌の匂いじゃないの」と笑われた。
更衣室の匂いにも、鼻が慣れちゃったのかな(笑)

●教育実習初日は
今日はナオの教育実習初日だった。
1年生のクラスに決まったナオに「どうだった?」と聞くと、
「1年生でよかったけど、俺、もっとしっかりしなくちゃー」と言って寝ころんだ。
手を洗った時、ハンカチを持っていなくてごまかそうとしたら男の子が、
a0081867_2213030.jpg「ハンカチ忘れたんでしょ?そんな顔してる」と、
仮面ライダーのハンカチを貸してくれ、
さらに他の生徒より頼りなく見えたのか、
「ナオ先生、年いくつ?」と年を聞かれ、
緊張していたら、
「なんで顔赤いの?」と聞かれたそうだ。
白いシャツを着ていたら、まだ高校生に見えるもんな。
まだまだ卵、まずはハンカチちり紙忘れずに!(笑)
[PR]
by tabetene2 | 2009-08-20 22:41 | 日記

2009年8月19日(水) 晴れ・24℃

a0081867_22143858.jpg●涼しさに、一呼吸
いろいろあったけれど、大きな山をひと山越えた。
今週中に急に東京まで行かなければならない状況になり、
休みを取りにくい職場で、今週はリュウの通院や代理人が認められない役所への書類提出(児童扶養手当ね)があったりで、早退を前からお願いしていた。
その上さらに丸一日休ませてくれとは言い出せず、どうしたものかと頭を抱えていたら、
ナオが、「俺が母さんの代行で東京行くよ」と言ってくれた。
「俺、もう二十歳になったし」と。
思いがけない申し出に、不覚にも涙が出て足から力が抜けしゃがみこんでしまった。
毎週「任侠ヘルパー」で草彅君を見た後は、子ども達がいても構わずわんわん平気で泣いているのに。
こんな、弱気な涙は子どもに見せたくなかった。
私がよほどひどい顔をしていたのか、
「これからは、俺がリュウの通院の付き添いもできるだけするよ。部活だって辞めてもいいよ」とも。
今まで家事は一度も手伝ってくれなかったナオが、こういうことが言えるようになったのかと思ったら、余計涙が出た。
ありがたくナオの申し出を受けることにしたら、肩の荷が少し下りた。

昨日、知り合いのおじさんに会ったら、目をうるませて、
「お兄ちゃん、しっかり父親代りをして・・・」と言われた。
リュウが鼻血を出して帰って来たらちょうどナオが来て、なんだかんだ言いながらもリュウの手当てをしている姿を見たのだそうだ。
同情されるのは嫌いで、そんな話をされるのは今まで素直に受け入れられなかったのだけれど、
それは自分が強がっていただけだったんだなと、昨日は素直に思えた。
おじさんの優しい気持ちを受け入れよう。
そう思って、「またまだ頼りないお兄ちゃんですけどね」と笑って答えた。
[PR]
by tabetene2 | 2009-08-19 22:52 | 日記

2009年8月17日(月) 晴れ・29℃

a0081867_22475422.jpg●ようやく夏らしい空を見たような・・・
土日は大きな事件(我が家内の)が怒涛のごとく押し寄せて、治りかけた胃が再びキリキリ。
事件のせいで夜遅くまで眠れなかったのに、うとうとした真夜中に、ナオの友達からの電話で起こされた。
いつもは温厚なナオもさすがに眠っていたところを起こされて、
「寂しいのはお前だけじゃない!寝ろ!」と電話に向かって怒っていた。
「寂しい」とかけてきたのが女の子ならラブストーリーだけど、男友達からだから、それは少し笑えた。
バイトで夏休みも田舎に帰れない子の、取り残されたお盆の夜の寂しさも分かるしね。
それは許してあげよう。
さぁてまた眠るかと、横になると今度はトモに「具合が悪い・・・」と起こされて。
どうしてこんなになんやかやと続くのか。
そして今朝も、出かけようとすると事件(あくまで我が家内の)の余波の電話があって、化粧をする時間もなくなった。
「あぁ、今日は手抜きの化粧で出勤だー」とぼやくと、
「いつもと同じに見える」とナオが笑った。
このーと思ったけれど、その後、
「なるようにしかならないさ」と、急にナオがなぐさめの言葉を私にかけてくれて、少し肩の荷が下りた。
そうだね、なるようにしかならないね。
[PR]
by tabetene2 | 2009-08-17 23:16 | 日記