<   2009年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2009年7月31日(金) 晴れ・29℃

a0081867_21293140.jpg●花束を・・・いただきましたりんどうの
花を作っている男性の方から花束をいただいた。かなり年上の。
「ありがとうございます」と受け取ったものの、りんどうって・・・思い切り仏花じゃないですか?(汗)
まぁお盆も近いので、季節の花といえば季節の花ですが。
「DANさんが住所を教えてくれたら、おうちにもっと送ります」とおっしゃって下ったけれど、
「そんなそんなお気持ちだけで」と、丁寧にご辞退した(笑)

a0081867_21443241.jpg花を見るのは好きだけれど、家の中に花を飾りたいとはあまり思わない。
好きな花は木の花が多いし、野の花とかは、やっぱり野に咲いてこそ美しいと思うから。
だけど人にブーケを贈るのは好き。
矛盾してるね、そこのところが自分でも分からない(笑)

好きな花をあげてみたら、
こぶし、おおでまり、桐、ライラック、白百合、菖蒲、ラべンダー、野バラ、オオイヌノフグリ・・・
白と紫の花ばかり、これって仏事の幕のイメージじゃないか?(笑)
[PR]
by tabetene2 | 2009-07-31 21:57

2009年7月30日(木) 曇り・23℃

a0081867_21563541.jpg●電線の網に月が捕われたような・・・
帰ると、居間のテーブルの上に小銭やレシートが無造作に置かれていた。
今日はリュウの耳の定期健診だったけれど、私はそう休みを取れないからナオに頼んだ。
ナオは「午後から授業あるのに面倒くせ~」といいながら、朝ご飯を食べるとリュウに付き添い出かけて行った。
そうだ、家族は面倒くさいものなのだ。
面倒くさいことに付き合ってこそ愛情が強まるのだ(笑)

「お昼二人で何食べたの?」と聞くと、
「食べてない」とリュウは不機嫌に言う。
テーブルの上にコロッケやヒジキ煮を買ったレシートがあったから、
「コロッケ食べたんじゃないの?」と言うと、
「食べたけど、それは家で食べたもの。僕は本当は病院のレストランでお昼が食べたかったの」と言う。
a0081867_22375753.jpg検査や診察が終わるといつもお昼少し前で、私と一緒の時は岩手山がよく見える病院のレストランでお昼を食べていたから、そのつもりでナオに言ったら断られたらしい。
ナオはケチ節約家だからね(笑)
「そりゃあ残念だったね」と言って、晩ご飯はリュウがいつもレストランで注文するメニューを作ってあげた。
カレーだけどね^^
[PR]
by tabetene2 | 2009-07-30 22:39 | 日記

2009年7月29日(水) 雨・24℃

a0081867_22561423.jpg●今日のコスモス君、ぴょろぴょろです^^
仕事が忙しかったり、提出しなければならない書類があったり、なのに自宅のプリンターが急に壊れて、しょうがないから目の下にクマさんぶら下げてコンビニでコピーしてきた。
眼鏡をかけていると、スッピンでも、多少肌荒れしてても眼鏡の方に視線が行くからごまかしが効いてありがたい(笑)

たくさんコメントをありがとうございました。
疲れてるけど、それでも勢いで答えを出してはいけないと、トモには手紙を書くことにしました。
自分の気持ちを正直に書くつもりです。
それでトモには自分で判断してほしい。
未成年であっても、自分の将来の問題です。一歩家を出たならば、怖くても進む一歩は自分で選び進まなければいけないと思うのです。

今日は早く寝ようと思っていたのに、何だか眠れなくてNHKの「SONGS」で永ちゃんの歌を聴いている。
トモは永ちゃんの『成りあがり』が愛読書だった。
もっと上にと本当に思うなら、歯を食いしばらなくちゃいけない。
カッコ悪いことをカッコ悪いと思っちゃいけない。
私は今でもカッコ悪くて情けないと自分のことを思うけれど、カッコつけてた昔よりはずっといいと思っている。

あぁ、今日は文章がまとまりません(笑)
[PR]
by tabetene2 | 2009-07-29 23:29 | 日記

2009年7月28日(火) 晴れ・28℃

a0081867_23334562.jpg●2階の窓から見た岩手山、トモが見たら元気になれるかな
たくさんのコメント、本当にありがとうございました。
ひとうひとつ、読ませていただきました。
頭の中がめちゃくちゃで、まだまだ片付きそうにありませんが、流れとしては方向が決まってきたような・・・気もしています。ん~多分(笑)

仕事から帰り、急いでトモの高校に電話をかけると、「先生もう帰っちゃったよ。夏休みだから用事は午前中じゃないと」と事務のおじさん。
そうっか、世間は夏休みだということをすっかり忘れていた。
午前中は忙しくて、電話のために抜けるのは無理。
気持ちを切り替えて、次にトモが就職の時にお世話になったMさんに電話をかけた。
Mさんは今日休みだったけれど職場の方が連絡を入れてくれ、「今からトモ君に電話してみます」と、様子を聞いてくれることになった。
そして1時間後、Mさんから我が家に電話がかかってきた。
トモは、私には言えないこともMさんには話せたようで、
「仕事が嫌な訳でもない、話し相手がいない訳でもない、私が感じるところ、少しホームシックが強く出て参っているようです」とのことだった。
それから少し話をすると、
「お母さん次第だと思います。今、トモ君は気持ちが揺れているから、お母さんが帰っておいでと言えば帰るし、もう少し我慢しろと言えば残るだろうし」とMさんはいう。
私の責任重大だ(汗)
・・・簡単に答えは出せないね。

a0081867_23525797.jpg気持ちを落ち着かせたくて『Flavor Of Life』を聴いていたら、リュウが隣に来た。
「これ、お母さんが好きな歌なんだ」というと、
「ふ~ん」といって私と同じ頬杖をつくから、可笑しいやつだと思いながら並んで聴いた。
『音楽は世界を救う』というのは本当だと思う。
私は今まで何度も音楽に救われたことがあるもの。
[PR]
by tabetene2 | 2009-07-28 23:53 | 日記

2009年7月27日(月) 曇りのち大雨・27℃

a0081867_22561669.jpg●今日の晩ご飯
肉味噌うどん、パイナップル

7月が終わるというのに、梅雨が明ける気配はない。
仕事帰りにどしゃ降りにあって、スニーカーがびしょぬれになった。
スニーカーを洗濯機で洗っていると、8時過ぎにトモから電話があった。
「おう、元気?何か送ってほしいものでもあった?」とあれこれ話しかけても、返事がない。
おとといあたりからナオが、「トモ、また何か暗くなってたよ」と話していたから、もしや?と思っていたら、
「お母さん、仕事辞めたい・・・」ときり出してきた。
上司にも話したら、「一応聞いておく」と言われたと。
「仕事がきついの?それとも人間関係?」とたずねても、トモは言葉に詰まって答えられないでいる。
おいおいおい・・・
『働く』という本当の覚悟がなく、ぽっと田舎から都会のど真ん中に出てしまったから、やっぱり無理が出てきたのかな。
こちらでも相談して連絡を入れるから、まず今月の残り1週間は行きなさいとトモに言って電話を切ったけれど、さて誰に相談したらよいものか。
とりあえず高校の先生か?などと思いつく人をメモ書きし、またまた今夜も眠れなくなりそうだ(苦笑)
耐えて一回り大きくなってほしいと思うのも本心、「だって・・・ここには何もないもの」と、トモが感じるのもよく分かる。
トモはタフな子じゃないもの。
さてさて、本当にどうしたらいいものでしょうかねぇ。
う~む、困った(>_<)
[PR]
by tabetene2 | 2009-07-27 23:22 | 晩ご飯

2009年7月26日(日) 曇りのち雨・33℃

a0081867_22592719.jpg●今日の朝ご飯
暑いから作る気なくて、ゴマと昆布のお結びのみ。
質素~(笑)


朝から絵を描く。
暑いし、子ども達がケンカをするから集中できず、気分転換に自転車で肴町の画材屋に行った。
大きめのキャンパスが欲しいな、と値札を見たら3600円。
そーっと棚に戻しました(笑)
あれこれ眺めた後、結局買ったのは三菱の色鉛筆1本63円×5本也。まぁ、こんなもんでしょ^^

帰り道、この間Kさんが「DANさんが好きそう」と教えてくれたパン屋に寄った。
小さいお店の中に、レーズンでつくった自家培養酵母と国産小麦でつくったというパンが、かわいらしく棚に並んでいる。
a0081867_2323699.jpg小さいけれど、滋養がギュッと詰まっている硬めのパンだ。
あんぱんやKさんお勧めのイチジクパンなど6個を買ってみた。
もともと食べ物は噛みごたえのある方が好きな私は平気で食べたけれど、リュウは一口かじると、
「僕は、白くてやわらかいパンじゃないと食べられません」と返してきた。
ナオは、「笑っちゃうほど硬いパンだね」と笑う。
うちの息子らは、なんと軟弱なアゴの持ち主だったのだと情けなくなったよ、よよよ。



a0081867_2314342.jpg硬派なパンがお好みの方は、ぜひ一度お試しあれ^^
そんなお店は「穀」さん
盛岡市大沢河原1-1-15/営業時間11時から5時まで/火・金定休
です。
[PR]
by tabetene2 | 2009-07-26 23:23 | 朝ご飯

2009年7月25日(土) 曇りのち雨・28℃

●今日はリュウと材木町のお祭りへ
a0081867_22203573.jpga0081867_22204921.jpga0081867_2221993.jpg
a0081867_22215468.jpga0081867_2331611.jpga0081867_22222567.jpg
暗くなってから、材木町の『酒買い地蔵』のお祭りに行った。
通りのあちこちに灯る提灯が幻想的で、違う世界に迷い込んだようだ。
お祭りっていいな。
夢見るようにゆらゆら歩く母とは違い、リュウの方は現実的で、
「唐揚げを買ってジュースを買って、最後に晩ご飯のお好み焼きを買う」と、出店をチェックしながら歩いている。
食べることに夢中な息子を横に、私は日本舞踊やハワイアンダンスの舞台を見て楽しんだ。
私たちはこの先も引っ越しを繰り返すのだろうけれど、最後に落ち着く場所は、こんなお祭りのある町にしたいものだと思った。

a0081867_234442.jpg家に帰りパソコンを開くと、「ほぼ日」からメールが来ていた。
「お約束のメールを、お届けにあがりました。
‥‥と、いっても、
なんのことだかわからないかもしれませんね。」
で始まるメールは、1年前に私が答えていたアンケートのお返事で、最後に1年前の私が1年後の私に送ったメッセージが添えられていた。
すっかり忘れていた内容だったけれど、自分が自分に宛てたメッセージだったけれど、読んで訳も分からず涙が出た。
素敵な企画をありがとう。そして1年前の私、ありがとう。

1年前の私が、1年後の私に宛てたメッセージは、
「元気にしてる?
君が頑張っているのは、私が一番知ってるよ。
無理するんじゃないよ。
大好きだよ。」

だった。
[PR]
by tabetene2 | 2009-07-25 23:05 | 日記

2009年7月24日(金) 曇りのち雨・25℃

●金曜日は・・・
今日行ったら2日休めると思うせいか、金曜日は気持ちが緩みがち。
今朝も、いつもより30分遅く起きたくせにパソコンなんか見たりして、7時を過ぎてから慌ててドタバタ。
着替えをしてから歯磨きをして、ゴミ出しをしてさあ出勤!と思ってハッとした。
Tシャツの胸に歯磨きの水をこぼしてる。
いい大人がカッコ悪いと思ったけれど、すでに家に戻り着替えをしている時間はない。
Tシャツはベージュだし、乾けば大丈夫目立たないさ・・・多分?(汗)と思い、そのまま歩き始めた。
a0081867_23285529.jpgただ通勤ラッシュの時間帯、すれ違う人も多いので、乾く間は何とかごまかさないとと、思いついたのがさりげなくグーでシミを隠すこと。
真面目な顔をして、誓いのポーズで歩いたのだった。

金曜の夜は、用もないのにもったいなくて眠れない。
最近は22:45からのNHKの「世界ふれあい街歩き」を見てから布団に入ることにしている。
この番組は自分も自然に街を歩いているようで、見ていて疲れない。
ぼんやりとテレビを見ながら、いつかこんな風にのんびり海外を歩いてみたいと思うのだ。
[PR]
by tabetene2 | 2009-07-24 23:32 | 日記

2009年7月23日(木) 晴れ・29℃

a0081867_23325368.jpg●早朝のブルーな街も好き
「最近、朝早く目が覚めてしまう」と職場で言ったら2歳年上のYさんに、
「それは年、年!」と大笑いされてしまった。
そうなのでしょうか~(ため息)
そういえば、学生時代は徹夜をすると気持ちが悪くなるタイプで、子ども達が小さい30歳前後の頃でも一緒に9時間は眠っていた。
なのに今では6時間半睡眠がちょうどいい具合になって、睡眠時間が少なくても平気で仕事に行けている。(眠いのは眠いけど)
年をとると睡眠時間が少なくても大丈夫になるというのが自然な人間の流れならば、起きている時間が長くなった分、年をとったら自分の時間をゆっくり楽しめってことなのかもしれない。
そう思うと、年をとるのもマイナスばかりではないと思えてくる。

家に帰ると、ブログのコメント欄に「おめでとう」の文字があった。
なんだろう?と「ほぼ日」に行ってみたら、カルタのイラストに選ばれていた。
a0081867_237569.jpg糸井さんに見てもらえて、「まっすぐストレート」という感想をいただいて、じんわりうれしくなった。
もう投稿したことも忘れていたのに(笑)
ブログがご縁でいっしょに喜んでくださる方がいてくれて、ありがたいことです。
20代だったら、私は今みたいな絵は描けなかった。
年をとることは、やっぱり悪くないと再確認したのです(笑)
[PR]
by tabetene2 | 2009-07-23 23:44 | 日記

2009年7月22日(水) 曇り時々雨・25℃

a0081867_22322483.jpg●今日の私のお弁当
チキンカツ、ブロッコリー、ニラとシラスと卵の炒め物、梅干し、昆布の佃煮

家に帰ると、テレビは皆既日食一色。
モリオカは天気も悪かったし、職場では話題に上ることもなかったから、テレビのフィーバー振りが不思議な感じがした。
リュウと二人でニュースを見ながら、
「次の皆既日食は26年後だって」と、26年後のお互いの年を数えてみた。
26年後、リュウは41歳、私は70歳を過ぎる。ひえ~っ!
a0081867_22572727.jpg自分の70代を想像したらめまいがした(笑)

リュウは昨日、進路についての面談を終えたばかり。
希望校を2つ上げ、2学期は見学に行く予定だ。
選択肢の少なさに、私の方が投げやりになってしまいそうな気持ちをぐっと堪えた。
どこにいても自分に誇りを持って。
分かっちゃいるけど、これが難しいんだなぁ。
なーんて思うのは私だけかな(笑)
[PR]
by tabetene2 | 2009-07-22 23:00 | お弁当